観劇以外

あなぐま(anagmaram)別館。本館→https://anagmaram.hatenablog.com/

本を読みたい(読めてない)

ここ数年、本当に本が読めていない。危機感を持つくらい読めてない。
その理由は明らかで、「趣味が忙しい」から。舞台を見るって周辺の諸々を含めてなんかしらんけどめっちゃ時間を必要とする趣味なんですよ!
…あれ、結局観劇の話しそうだな。観劇以外じゃなかったんか?まぁいいや。


わたしが唐突に舞台おたくになったのは2013年の春先くらいの出来事なんですけど、それ以前は本当に目立った趣味がなくて、長らく履歴書の趣味の欄に「読書」としか書けない人生を送ってました。
一番本を読んでいた時期は読書日記をつけてたんですが(とはいってもたしか1年しか続かなかったんだけど)、そのときは年間に120冊くらいは読んでいたはず。社会人2年目くらいだったと思う。
それが今や、月に1冊読んでるかな?っていう状況で、さすがにほんと、危機感を覚えています。

今全く本を読んでない理由をいくつか考えたんだけど、

  • 単純に時間が足りない(推しを追うのにまじで忙しい)
  • フィクションを摂取したい欲が観劇でめっちゃ満たされている
  • 本を買ってももう本棚置く場所もないから買うのに躊躇する、けど電子書籍に移行できない

この3点が大きそうです。1-2点目は観劇趣味を持ってる限り、変わることがなさそう…笑
2点目について補足すると私が読む本、基本小説オンリーです。読んだとしてあとはエッセイ。実学?っぽい本を本当に読まない…!なのでフィクションを摂取する対象として本を捉えているところあります。
3点目はほんと悩ましいんですよね…!電子書籍、読めたらいいんだけど、明らかに頭痛が誘発される体質っぽくて困ってる。Kindleも持ってるんですが、通勤中にKindleで本読んでた時期めちゃくちゃ頭痛に悩まされたので因果関係がわりと明白そう。。
あと視覚的に「のこり何ページくらい」が分からないのが苦手で!「あと何分で読み終わります」もわりとバグるしな…。まだこれくらいあるだろう、と思って読み進めてた小説が唐突に終わった時の気持ちの行き所のなさよ…!

と、本が読めない理由をいろいろ並べ立ててしまいましたが…ちゃんとした「文章」のインプットを怠ると、アウトプットが細ることは目に見えているので、2019年は意識して本を読むようにしようと思います!ことしの目標のひとつ。本を読む!

その一環として、いわゆる「名作」で読めてないものにどんどんチャレンジしていけたらな、と思っています。
私まじで日本近代文学を通ってきてなさすぎるんですよ。いちお文学部なんだけどな…。うちの大学、近代文学扱ってる先生いなかったからな…。
まともに読んだことのある昭和の文豪が誰一人として思いつかないんですよね。。お恥ずかしい。
なので、今年はとりあえず名作を読んでいこう!と思い、さっき仕事帰りに本屋に行きました。

そして、なんか気づいたら全然違う本を買ってました。(なんなんだよ)

奇譚蒐集録: 弔い少女の鎮魂歌 (新潮文庫nex)

奇譚蒐集録: 弔い少女の鎮魂歌 (新潮文庫nex)

理由:恩田陸が帯を書いていた&日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作、ってところ。
わ~い確実に好きなやつ!という予感がするので、とりあえず2019年の1冊目はこれにしようと思います。いきなり初っ端から易きに流れた感が炸裂していて先行き不安ですね。
でも近代文学の名作を読む、も諦めないでやるぞ!?今一番読みたいのは「細雪」だ!!!
なんていうのかな、今同じように書け、って仮に現代人がいわれても使いこなせない日本語の流れや空気って、絶対にあるよねと思っていて。近代文学には近代文学にしかない色使いを感じる…そういう文化的資産みたいなもの、自分から取りに行かないとやっぱダメだなと年をとって思うようになりました。
なんでそんなにインプットにこだわるの?とは思うんですけど、やっぱり定期的に質のよいものをなるべくたくさん入れていかないと、「エンタメを味わう基礎力」みたいなものがどんどん目減りしていく気がするんですよね。
なんだろうな、受け取る力、解釈する力、そのへんにインプットの質が直結する気がしている。
そしてそういう意味でも、観劇ってすごく自分の嗜好性にあってるんだな、とは思います。全身で五感をフル活用して浴びるようにフィクションを摂取できるって、観劇でしか叶えられないことだと思うんですよ。想像力もめちゃくちゃ鍛えられるし。あの一つの別世界に入り込む没入感がほんとたまらないんだよな。なんかもう、観劇isライフワークと呼んでもよさそう…。

というわけで、結局観劇に話が戻ってしまいました。怖いな。笑
趣味として向いてるっぽいからもう仕方ないですね!
本に関しては読めたらここに記録も残していけたらいいなとおもうのでがんばってみます。
でも1ヶ月に1作の名作を読んだとて、1年で12作品しか消化できないんだなぁ…!時間足りないな~!!?(※そして話は振り出しに戻るのだった)

サブブログを作りました

こんばんは、あなぐまです。
ここ半年くらい、ぼんやりと「もっと文章がうまくなりたいな~」と思っていました。で、さしあたって自分の文章の弱点は何かな~と考えてみた。

普段更新しているメインブログは下記なんですが、
anagmaram.hatenablog.com
このブログの成り立ちは「とにかく未来の自分のために、観た舞台に関する記録を克明に残すこと」なんですね。需要はズバリ、未来の自分。
なんでか自分でもよくわからないんですが、観劇の後に感じたこと、観たことの全てを絶対に忘れたくない、という思いがマジで強い。どうして人間は全てを記憶しておけないんだろう…って常に本気で思っている。この「忘れたくなさ」の度合いが、たぶん私は尋常じゃなく強いようで、ある種強迫観念に近いくらいのものがあるっぽいなと自覚しています。

しかしそうなると、

  • ばかみたいに長い文章しか書けない(1エントリーあたり、基本が1万字になっちゃう)
  • 余計だろうなと思うことも削れない、書きたいだけ書いてしまう

…という状況がありました。

観劇まわりのエントリーは、その性質上、伝えたい情報量がどうしても多くなっちゃうんですよ。いや私だけかもしれないけど。
そこまでしなくてもいいのかなとは思いつつ、私は「このシーンが好きだった、こういう印象を持った!」と書く際に、前提条件となる「このシーン」についてを、なるべくフラットに、読む人に可能な限り内容を伝えられるように、丁寧に記述したくなっちゃう癖がある。書いてて一番たいへんなのも、多分ここ。でもそうなると、文字数が異常に膨れ上がる結果に…!
まぁ、でも自分のブログなんだし、結局は好きにかけばいいんちゃう?ってのが一番にあります。特に趣味の話ってなると、ちょっといきすぎたくらいに過剰な何か(ex.思い入れ)を発散してる文章のほうが、読んでて私は好き。
なので、メインブログは今のままでいいか、という結論に達しました。
何よりそのほうが書いてて楽しいし。

いやでもほんと、ようあんな長文を皆さん毎回読んでくださるよな!?とありがたい気持ちでいっぱいなんですよ。いつもありがとうございます!ってここに書いても意味ないな!
家族に見せると、毎回内容云々のまえに、ファーストビューで「なっがww」って言われるところから始まるので…うん…ソウダネ…長いよね…ってなる。笑 でもわかってても、短く書けないんじゃ~!!!

まぁそんな感じで、メインブログのほうは今後もとくに変わらないと思うんですけど、もし文章をうまくなりたいなと思うなら、多分この方向性だけで書いてても上達レベルは頭打ちになるだろうな~と感じるようになりました。
なので、訓練を兼ねて”観劇以外”の話を書く場所として作ったのがこのブログです。2019年は短い文章も書けるようになりたいなと、割と本気で思っている。

そしてタイトルは、恩田陸さんの「小説以外」へのオマージュです。

小説以外(新潮文庫)

小説以外(新潮文庫)

小説じゃない文章=小説以外、っていうくくりで集められたこのエッセイ集、むかしから大好きで、定期的に読み返しています。恩田さんって多作な作家さんの割に、意外にエッセイ集がないんだよね。あとは旅行記しかないはず…また何か出るといいな~。

なんかしらんけど、文章書くの、ほんと好きなんですよね。(サブブログまで作るんだからまあそりゃそうでしょうね)
そして訓練を兼ねて、とか言ってるけど、実際のところ、単にブログというフォーマットが好きすぎるだけでもある。だって、楽しいんだもん…!「雑記」っていうカテゴリーをつけてみたけどなんか懐かしくてニヤニヤしてきた。何を隠そう、インターネットにおけるブログ全盛期に青春を過ごした人間なので…みんながmixiやってるときにかたくなにブログだけを書き続けていました。しかしはてなダイアリーは使ったことがない。当時一世を風靡していたfc2にお世話になっていたよ…。

長くなりすぎないように、こっちでは目安3000字縛りでこまめに書いてみようと思います!でも嘘かも。5000字くらいは書く気がしてきた。いやお前、短く書く訓練、やる気あんのか。

Twitter連携はこっちでもやりますが、刀ミュそのほかの舞台まわりじゃない話には別に興味ないわ~!って方も、ご覧のとおり「観劇以外」ってタイトルなので、スルーしやすいかと思います!笑

ひまつぶし程度におつきあいいただけたら嬉しいです。お題とかもこっちでやってみよっと。