観劇以外

もはやタイトル詐欺のあなぐま(anagmaram)別館。本館→https://anagmaram.hatenablog.com/

many of 好きズ

いてもたってもいられなくて、さらっと文章を書いてみる。明日のことを考えると、どうしても落ち着かない! 「好き」という感情には色々あって良いと思う。 あぁ、これぞ!と確信するど真ん中の好きだったり、 じわじわといつのまにか内面を染められていく好…

他人に興味がないのではなく、他人を思い通りにすることに興味がない

言葉の選び方が不用意に過ぎて、「他人に興味がないんです」と言ってしまうことが以前からよくあったんだけど、これってどう考えてもものすごく誤解を招く表現だなと思い反省したので、使うのをやめた。 人によってはおそらく私がイメージするのと真逆な意味…

実はカジュアルに内臓から

血が出ているんですよね〜!という話。 読む人をいきなりギョッとさせるそんな書き出しはヤメロ!(すみません) あんまり表立って詳しく書くことでもないかなぁと思ってたんだけどここのところ調子が悪すぎて、書くと自分の気がまぎれるという理由で書きま…

2021年に読んだ本と漫画まとめ

2021年に読んだ本+漫画を振り返っておきたくて! 新刊かどうかは関係なく単にわたしが読んだもの(の一部)です。再読を含みます。 ストーリーがあるものについてはネタバレはしないよ。本の公式のあらすじでわかるレベルのことしか書いてないのでご安心く…

むね肉を蒸す

今日は相対的にみて、かなり幸福度の高い一日だった。 なによりもまず、天気がよかった。 朝起きてカーテンを開けると、それはもう見事なまでのすこんと抜けるような青空で、まさに雲ひとつない快晴だった。 南向きの部屋で仕事をしていると、正直日中はやや…

赤い靴履いてた回遊魚

自分がものごとを取りまわせる範囲というか総量みたいなものを正確に見極めるのが、わたしは本当に苦手です。 純粋な経験値としてそろそろちゃんとわかってもいい歳だと思うのに、未だによくわからない。困ったものだ。 またしても、趣味の話をしています。 …

vanish!

きっかけの具体的なエピソードは忘れたし、中学生の頃か高校生の頃かも思い出せないけど、vanishという英単語が家庭内で流行ったことがあった。 家庭内、って書いたけどたぶん正確には母と私の間で。ここにあるはずのものが見つからない、どうして?と誰かが…

意外なものに出会わないと元気をなくす生き物

この元気の出なさは一体なんなんだろう、と本気で心配になるくらい、実はここ最近のわたし、あまり元気がなかった。(あの行動量、全然そうは見えんよというツッコミを自分で入れつつも)なんでだろう…と色々考えてみていたのだけど、 たぶん「予想範囲外の…

掛け持ちでおたくをやるとこうなるの例

向き合いが過剰になりがちな人間ゆえ、自分の中になにかをインプットできるタイミングおよび総量のバランスを取るのに、最近かなり苦労している。 仕事の話?ではありません。当たり前に趣味の話です(そうかよ)。 推しを追いかけながら宝塚にハマった結果…

枕が合わない

これまで生きてて永遠にそう。わたしは枕が合わない星の下にうまれてきた。 自分で枕を選ぶようになってから、いったいいくつ買ったかわからない。 ありとあらゆる素材や仕組みをためした。低反発、ビーズ、空気で膨らませるタイプ、いろんな素材の組み合わ…

疲労

お察しの通りの内容になるが、以下、とても珍しくネガティブな文で失礼する。この数時間、精神的にぎちぎちに身動きの取れないような状況が続き、大変に疲れた。 SNSで何か発言するときは常に「気をつける」ようにしているけど、それにしても疲れる。ちょっ…

内と外

明らかに本館のブログに書きなよ、という内容なんだけど、あちらは見てくれる人数が桁違いゆえ、ごく私的な言葉を書くのはなんだか気が引けて(…ブログなのに!?)なんとなくこっちに書いています。前置きがなげえんだわ。 * もう何度もあちこちで書いてい…

女子高生時代に友達同士で手紙を書いていた話

唐突な今日の日記は、昨日ツイートした内容から。いまの女子高生はメモ帳にお手紙書いたりしないのかな…もしもわたしがJKでヅカオタなら、コレクションカードを入れてくれるキャトルの名刺サイズのちび封筒に友達に書いた手紙入れて渡すやろな…と思った pic.…

セミキュアネイルをはじめた

さいきんTLで爪についてやたら喋っているので、その話を書きますね。 ※始めた時自分が知りたかったことを積極的に書いたので、なんか今回はそういうブログみたいになってる(どういうブログだよ)。 先月の頭くらいからセミキュアネイルなるセルフネイルのジ…

PMSが心底厄介だという話

お風呂がたまるまでの間に書く! PMSは本当に厄介である。 人によると思うのだけど、わたしはこれが主にメンタル面に来るのです…。 体調にも変化は出るんだけど、体より心にホルモンの影響が大暴れしてる感じ。 どうなるかというと、 ものすごくイライラする…

いちねん

ばしん、と目の前で扉が閉ざされたような、あぁ、今いっぺん心が死んだなぁ、と思った日から、あしたでちょうど一年になる。*1 一年経って、良い意味で予想に反してなのだけれど、興行がこの世に戻ってきている。それも、だいぶ当たり前の様相をして。 たく…

頭痛ソムリエ

突然ですが、わたしには「自分に起きている頭痛が何起因の頭痛なのかわかる」という特技があります。え?これ普通?それとも普通じゃない? わたしが自分で把握している頭痛パターンは下記のとおりです。 ①シンプルに緊張型頭痛 パソコンの見過ぎで肩こり・…

川べりにしゃがむ

「大人になるからには、なるべく普通でいなければならない」と、今よりずっと若い頃はかなり強固に自分に対して思い詰めていたふしがあり、今でももしかしたらそれは根っこの方で抜け切ってはいないんだけど、 だとしても、現時点で想定されうる『普通』から…

開けて埋める

これは、とある妖怪ブログ書き魔のお話です。 金曜夜、やりたいことやらなきゃなことが大量にある中、週末にやる予定だったけど頭が仕事モードな今の方が楽かも…と思い、パスワード管理ツールの移行作業をやった。そしたらそれが思ったよりも簡単にできてな…

人柄って、滲むよね

また趣味の話を書きます。ブログを使い分ける意味とは??? * この間の週末に、ものすごく久しぶりに、いわゆる「俳優のファンが出かけていくイベント」らしいイベントがあった。(推しのAbemaの冠番組のファンミーティングがありました) ゲストに招いた…

舌をしまう(へびのきもち)

運動不足と戦っているつもり…という割には継続力が全くないので、それは嘘だった。でもとにかく、あまりにも体を動かせていないので、危機感だけはいっちょまえにある。 年末に旦那さんが買ったエアロバイクをがんばってアニメ1本ぶん見ながら漕いだりしてい…

ルーロを放つ

まるでなにかの呪文を使うみたいな書き出しですが、そうではなくてお掃除の話。 我が家には、引っ越す前の家にいるときに買ったのにも関わらず、あまりにも部屋が片付かなくて仕舞い込まれたままだったロボット掃除機があった。 それをめでたく、このたびよ…

祈るように

なにもできないし言えない、と思うときに、何か書かずにいられない矛盾はなんなのだろう。 文章を書くことは、わたしにとってはたぶん気持ちを逃す手段のひとつになっていて、どうしようもなくてなにもできない、という時に、なんだか逆説的にも思えるけれど…

言葉が好きな理由

のひとつになっている思い出について、急に書いてみる。 その時、わたしは社会人2年目で、わかりやすくボロボロに疲れていた。上京して1年が経っていたが、それでも東京は全くもって親しみを持てる土地にはならず、新卒配属ガチャの結果適性とはかなり遠ざか…

オープンな場で感想を語ること

わたしはしょっちゅうなんかしらの感想をインターネットに書いている。 書くことそのものが好きだし、受け取ったその先に自分の中で起きた感情の動きや思考の流れを、言語化するのが好きだからである。 というか、ものすごく心動かされた何かに出会ったあと…

お疲れ様を言いたくて

ブログの使い分けですが、そんなに大っぴらに言わなくていいかな、みたいなごく私的な日記にとどまることをこっちに書いています。小声でこそっと話したいことはこっちに…まぁ、インターネットなので、実質関係ないんですけどね。笑 今週のSUITS2を見ていた…

この手で何を

いまは昼休みだけど、るろ剣全公演中止の件に朝から頭を殴られた気持ちのままで、ご飯を食べる気持ちにならない。 ミュージカル『るろうに剣心 京都編』公式 春に受けたあのエリザ全公演中止のショックを、少しは乗り越えたかもしれないその先にも、やはりま…

優等生の書く読書感想文みたいな文章しか書けないな

と、ずっと思っている。これはとっても人を面食らわせる出だしだなと思うけれども、なんかとってもそうだな、と常々感じている。深夜なので何を書いてもいいと思っている往年のブログの使い方をしています! 国語の成績はいつだって良かったけど(※インター…

6月を飛ばしてしまった

一回も日記を書かないうちに気づいたら6月は終わっていて、それどころか既に7月も半ばを過ぎています。 皆様いかがお過ごしでしょう。相変わらず文体が定まりません。今日は気分がですます調なのでそれで行く。 少しずつ状況は明るくなるものだと、やっぱり…

新しい生活様式って、舞台おたくとして過ごさない生活のことだよね

という、日記。「新しい生活様式」って言われてもイマイチぴんとこなくて、うーん?という気持ちになったりするんだけど、 とりあえず今のわたしにとっては「観劇に行くことがない」生活のことだな、と思っている。 3月末から2ヶ月間、感染予防の優等生のよ…